負けて覚えるMTG

とあるMTG初心者が敗北から学び強くなっていこうとする反省の記録

【M20】負けて覚えるランクドラフト【1回目】

みなさんこんにちは。

本業やらプライベートやらが大変忙しく前回の記事投稿からだいぶ時間が経ってしまいました。

今回からプレイ記事『負けて覚えるランクドラフト』を少しずつアップしていこうと思います。

 

 

7月の最終ランクは覚えていませんが、ブロンズティアー2からのスタートです。

f:id:gakusanstrategy:20190825162558j:plain

パック1

ピック1

f:id:gakusanstrategy:20190825164247j:plain

 レアは《神聖の力線/Leyline of Sanctity(M20)》でドラフトでは役立つことが無さそう。
1ピック目なのでカードパワー最大の《新米紅蓮術師、チャンドラ/Chandra, Novice Pyromancer(M20)》ピック。緑のコモンか《短剣帆の飛空士/Daggersail Aeronaut(M20)》あたりが1周して来たら嬉しいかなという印象。

 

ピック2

f:id:gakusanstrategy:20190825162608j:plain

アンコ抜けでレアは《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher(M20)》。
他候補は《放たれた怒り/Uncaged Fury(M20)》か《雲族の予見者/Cloudkin Seer(M20)》か《ショック/Shock(M20)》といったところ。ここでは出たら少なくとも1:2交換してくれそうな《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher(M20)》をピック。
上は緑使ってないのかななんて考えながらなんかもう既に難しく失敗した気すらする。

  

ピック3

f:id:gakusanstrategy:20190825162612j:plain

赤いカードがない!そして黒いカードいっぱい!これは黒に変えるべきところではあるがさっきピックした緑のカードが使えて多色化も意識して《楽園の贈り物/Gift of Paradise(M20)》をピック。

 

ピック4

f:id:gakusanstrategy:20190825162618j:plain

アンコモン2枚残っていますが最初に取ったチャンドラと同じ赤い除去《灰と化す/Reduce to Ashes(M20)》をピック。さっきのパックといい明らかに黒が空いてそうなことに気づいて絶対黒に参入するべきだった気がする。終わって冷静になればわかることですがどうもそれが難しい。そして何より、まだM20のプレイアブルなカードがはっきりわかっていないという感が否めない。そこはやはり少しずつ負けて覚えていきたいところ。

 

ピック5

f:id:gakusanstrategy:20190825162623j:plain

ここで赤と緑のカードが大量に。ここで安易な考えで『2マナ2/2のアンコモンだから』という理由で《森林の勇者/Woodland Champion(M20)》をピック。能力を読んでも全く今までのピックとのシナジーを形成していない。今後のピック次第で挽回できるのかもしれないがコモンの《茂み壊し/Thicket Crasher(M20)》の方が汎用性が高いように感じる。

 

ピック6

f:id:gakusanstrategy:20190825162629j:plain

ここにきてやはり赤と緑の流れがいい気がしてくる。色選択は間違ってなかったのかな?ピック2での《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher(M20)》を出しやすくする意味も込めて《枝葉族のドルイド/Leafkin Druid(M20)》をピック。そしてなおさらエレメンタルシナジー的にさっき《茂み壊し/Thicket Crasher(M20)》をピックしなかったことを後悔する。 

 

ピック7

f:id:gakusanstrategy:20190825162635j:plain

《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler(M20)》か《短剣帆の飛空士/Daggersail Aeronaut(M20)》で迷い、どっちも使ったことないのでなんとなく軽さと小回りが利きそうな点から《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler(M20)》をピック。 

 

ピック8

f:id:gakusanstrategy:20190825162641j:plain

マナブーストカードも2枚取れているしエレメンタルということもあり《貪爪/Vorstclaw(M20)》をピック。《多用途の鍵/Manifold Key(M20)》でも良さそうだがデカブツ早く押し切る作戦がよさそう。ここに来てようやくデッキの方向性を決める(多分遅い)。この環境での強さがわからないけれどマナブーストしてデカブツを押し付ける方向性でのピックを目指す。 

 

ピック9

f:id:gakusanstrategy:20190825162645j:plain

1パック目が戻ってきたが緑のカード3枚と赤1枚がきれいに無くなっている。せっかく方針が決まったのにここで色を変える勇気もなく《匪賊の斧/Marauder's Axe(M20)》をピック。

 

ピック10

f:id:gakusanstrategy:20190825162650j:plain

ここでも色変えするわけでもないが《焼印刃/Bladebrand(M20)》をピック。まだ入れる可能性のある《金床鋳込みの猛禽/Anvilwrought Raptor(M20)》でもよかったかもしれない。

 

ピック11

f:id:gakusanstrategy:20190825162655j:plain

3連続で見る《まばゆい神盾/Glaring Aegis(M20)》!を取ることはなく、色は合わないが《療養所の骸骨/Sanitarium Skeleton(M20)》をピック。やはり黒が空いているのだろう。

 

ピック12

f:id:gakusanstrategy:20190825162659j:plain

ここでも黒い《貪る禿鷹/Gorging Vulture(M20)》をピック。こんなにプレイアブルな(だと現時点で私の思う)黒いカードが流れてくるとやはり次パックの流れ次第では黒への参入も考えるべきなのだろう。本当に二転三転するが、それがドラフトの難しいところでもあり面白いところでもある。

 

ピック13

f:id:gakusanstrategy:20190825162704j:plain

ここでは色も合い、エレメンタルでもある《焦がし吐き/Scorch Spitter(M20)》をピック。

 

ピック14

f:id:gakusanstrategy:20190825162710j:plain

もはやどっちを取ったか覚えていませんが、《牙の魔術師/Sorcerer of the Fang(M20)》をピックしたような・・・。

 

ピック15

f:id:gakusanstrategy:20190825162722j:plain

《混迷/Befuddle(M20)》

 


パック2

パック1で立てた方向性をここでも頑張っていじしていきたい所存。

 ピック1

f:id:gakusanstrategy:20190825162727j:plain

 カードパワー的には絶対に《裏切りの工作員/Agent of Treachery(M20)》なのだろうが色も合わず、多色化カードも《楽園の贈り物/Gift of Paradise(M20)》1枚しか取れていない。高速マナブーストからのデカブツ押し付けをめざすために《隕石ゴーレム/Meteor Golem(M20)》をピック。これも後から考えるとそのプランだと前半が弱く速攻デッキに負けやすくなるので《炎の一掃/Flame Sweep(M20)》の方がよかったかもしれないが、後の祭りである。 

 

ピック2

f:id:gakusanstrategy:20190825162733j:plain

これはプランともかみ合って文句の付けようがないレベルで強そうな《大食のハイドラ/Voracious Hydra(M20)》をノータイムでピック。《獰猛な仔狼/Ferocious Pup(M20)》か《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler(M20)》あたりが1周してきてくれると嬉しい。 

 

ピック3

f:id:gakusanstrategy:20190825162738j:plain

ここでもプランにかみ合うマナクリーチャー《枝葉族のドルイド/Leafkin Druid(M20)》をピック。やはり下家からの黒のカードの流れは悪くなってそうである。

 

ピック4

f:id:gakusanstrategy:20190825162746j:plain

レアの《雷族の呼び覚まし/Thunderkin Awakener(M20)》はエレメンタルではあるが自分の目指すデッキとはかみ合わないので優秀な除去っぽい《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M20)》をピック。

 

ピック5

f:id:gakusanstrategy:20190825162753j:plain

《チャンドラの火炎猫/Chandra's Embercat(M20)》か《茂み壊し/Thicket Crasher(M20)》で迷って、やはりマナクリーチャーである《チャンドラの火炎猫/Chandra's Embercat(M20)》をピック。でもこれ、エレメンタル限定なので《貪爪/Vorstclaw(M20)》にしか使え無さそうということに後から気付く。

 

ピック6

f:id:gakusanstrategy:20190825162758j:plain

さっきと同じような理由で《チャンドラの火炎猫/Chandra's Embercat(M20)》をピック。2マナ2/2のスタッツだけで充分強いのと第1ピックの《新米紅蓮術師、チャンドラ/Chandra, Novice Pyromancer(M20)》ともしっかりシナジーを形成しているので良いのかもしれない。 

 

ピック7

f:id:gakusanstrategy:20190825162804j:plain

《チャンドラの吐火/Chandra's Spitfire(M20)》か《大群の力/Might of the Masses(M20)》 だが、飛行兼エレメンタルということでアタッカーにふさわしいので《チャンドラの吐火/Chandra's Spitfire(M20)》をピック。本体ダメージを与えられるのは《焦がし吐き/Scorch Spitter(M20)》、《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M20)》、《新米紅蓮術師、チャンドラ/Chandra, Novice Pyromancer(M20)》の3種。まぁ1度でも通れば良さそうな気がする。

 

ピック8

f:id:gakusanstrategy:20190825162809j:plain

1枚も到達取れていなかったので《マンモスグモ/Mammoth Spider(M20)》をピック。ただし、5マナのこのカードで飛行対策は少し心もとないかもしれない。

 

ピック9

f:id:gakusanstrategy:20190825162814j:plain

ここではまた除去が足りてなさそうなので《灰と化す/Reduce to Ashes(M20)》をピック。《貪爪/Vorstclaw(M20)》でも良さそうな気もしますが重いところこれ以上重なると少し怪しそう。

 

ピック10

f:id:gakusanstrategy:20190825162821j:plain

《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler(M20)》も《獰猛な仔狼/Ferocious Pup(M20)》も1周してきたため《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler(M20)》をピック。

 

ピック11

f:id:gakusanstrategy:20190825162825j:plain

ここでは使うかわからないが、消去法で《反逆の行動/Act of Treason(M20)》をピック。

 

ピック12

f:id:gakusanstrategy:20190825162830j:plain

ここでは《心臓貫きの弓/Heart-Piercer Bow(M20)》をピック。この巡目まで回ってくるのは嬉しいが、となるとどうせならさっきもピックしておいた方がよかったと思う。

 

ピック13

f:id:gakusanstrategy:20190825162835j:plain

ここでも消去法で《反逆の行動/Act of Treason(M20)》をピック。

 

ピック14

f:id:gakusanstrategy:20190825162840j:plain

《ムーアランドの審問官/Moorland Inquisitor(M20)》をピック。

 

ピック15

f:id:gakusanstrategy:20190825162844j:plain

《島/Island(M20)》。

 

 

パック3

パック2では赤緑の流れが多少よかった気がするがまた逆になるため少し不安。

 

ピック1

f:id:gakusanstrategy:20190825162849j:plain

レアは《死者の原野/Field of the Dead(M20)》。デッキには絶対入らないがチケピックという手もある。色が合う緑の3枚のうちどれかになるのだが、コンバットトリック1枚も取れていないため《成長周期/Growth Cycle(M20)》か《残忍な発動/Feral Invocation(M20)》で迷い、場に残る《残忍な発動/Feral Invocation(M20)》をピック。 

 

ピック2

f:id:gakusanstrategy:20190825162856j:plain

これ、ブログ編集段階で《チャンドラの吐火/Chandra's Spitfire(M20)》をピックしただろうと思って書いていたが、実際にピックしたものを確認すると《溶岩族の喧嘩屋/Lavakin Brawler(M20)》だった。ちょっとどういう意図か思い出せないが、おそらくは本体ダメージ入れるカード少ないからかと。やはりブログを書くことで細かいところの意識をはっきりさせられるのはいいことだと思った。

 

ピック3

f:id:gakusanstrategy:20190825162905j:plain

緑のカード4種類で迷って、マナブーストも高マナ域も足りていそうなのでただの2/2バニラにしかならなそうな《森林の勇者/Woodland Champion(M20)》よりは攻守の痒い所に手が届きそうな《緑林の歩哨/Greenwood Sentinel(M20)》をピック。

 

ピック4

f:id:gakusanstrategy:20190825162910j:plain

やはり赤緑の流れが悪い。飛行がほぼいないので《ゴブリンの鳥掴み/Goblin Bird-Grabber(M20)》ではなく《マンモスグモ/Mammoth Spider(M20)》をピック。

 

ピック5

f:id:gakusanstrategy:20190825162431j:plain

ここも正直記憶にあまりないのだが、あとから確認すると《地盤の裂け目/Tectonic Rift(M20)》をピックしていた模様。おそらく飛行で攻めることが出来ず膠着状態に陥った場合の打開策としてピックしたのだろうが、BO1という形式上サイドボードもないため使うことが無さそうな無駄なピックである。反省。

 

ピック6

f:id:gakusanstrategy:20190825162436j:plain
ここでは《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa(M20)》か《輝き森の追跡者/Brightwood Tracker(M20)》で迷いアンコモンという理由で《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa(M20)》をピック。勝利に直結しうるハイドラを探せる《輝き森の追跡者/Brightwood Tracker(M20)》の方がよかったかもしれない。

 

ピック7

f:id:gakusanstrategy:20190825162440j:plain

コンバットトリックまだ足りていない気がするため《残忍な発動/Feral Invocation(M20)》をピック。ただ、3マナのコンバットトリック2枚目は少し重たいかもしれない。

 

ピック8

f:id:gakusanstrategy:20190825162444j:plain

汎用性が高そうな《ケルドの略奪者/Keldon Raider(M20)》をピック。

 

ピック9

f:id:gakusanstrategy:20190825162448j:plain

唯一の赤いカードである《反逆の行動/Act of Treason(M20)》をピック。やはり緑のカードは1周してくれなかった。

 

ピック10

f:id:gakusanstrategy:20190825162452j:plain

少し回りくどい除去《龍火の薬瓶/Vial of Dragonfire(M20)》をピック。

 

ピック11

f:id:gakusanstrategy:20190825162458j:plain

使うかわからないが《匪賊の斧/Marauder's Axe(M20)》をピック。

 

ピック12

f:id:gakusanstrategy:20190825162506j:plain

何も取るものがなく《フェアリーの悪党/Faerie Miscreant(M20)》をピック。

 

ピック13

f:id:gakusanstrategy:20190825162512j:plain

アンコモンである《占者の保管箱/Diviner's Lockbox(M20)》をピック。

 

ピック14

f:id:gakusanstrategy:20190825162517j:plain

無色なので《石のゴーレム/Stone Golem(M20)》をピック。

 

ピック15

f:id:gakusanstrategy:20190825162527j:plain

《西風の突撃/Zephyr Charge(M20)》

 

 

完成したデッキ

f:id:gakusanstrategy:20190825162547j:plain

マナクリたくさんかつBO1はフラッドしやすいため土地をここまで削る。
ただし、これができるのは2~3マナ域に寄せた場合なんだと後から後悔。

序盤を凌げる《ショック/Shock(M20)》のような軽量除去がほぼないのと、飛行対策がほとんど《マンモスグモ/Mammoth Spider(M20)》しかないため早いデッキや飛行アグロには瞬殺されるのが目に見えてしまう。

レアハイドラのパワーでなんとかなるんじゃないかと思っていた自分に説教しないとだ。

 

 

対戦結果

f:id:gakusanstrategy:20190825162552j:plain

3勝3敗。

やはりというかなんというか早い飛行デッキに瞬殺されたのと、単純に重いところをたくさん引いてしまってすぐに3敗してしまう。

リプレイ機能もないため対戦の記録がほぼ残せていないのもこのブログにおける今後の課題。

 

 

まとめ(今回の負けから学んだこと)

・1パック目の色変えは大事
やはり1周目と3周目は同じ方向に回るので2周目に欲しい色が取れても3周目が悲惨になりうる。

・赤緑でマナブーストするデッキを目指す場合、軽量飛行対策《網投げ蜘蛛/Netcaster Spider(M20)》か軽量除去は必須。
そしてあまり強くない?⇒赤緑ならエレメンタルビートダウンの方が断然よさそう。

・BO1用に土地を絞るならほぼ低マナ域に寄せたビートダウンにするべき

・ボムレア1枚程度のカードパワーではドラフトはどうにもならない。
 

 

情報量として薄い気もするなぁ・・・。また、一人よがりのブログではなくどうすれば読者に楽しんでもらえるかも考えながら書いて行きたいですね。

 

次回、このドラフト前より少しでも強くなっていますように。